古徽州文化観光区は徽文化の発祥地である安徽省黄山市に属する。徽州古城、牌坊群鲍家花园、唐模、潜口民宅、呈坎五つの最高観光エリアによって形成されている。北には黄山、南には千島湖と隣接している。...【詳細
 
 
プライベート旅行 交通アクセス ドライブ旅行 観光ガイド
観光地図 お食事 ホテル宿泊 チケット予約
 
  観光ガイド
 
夢を追う桃花源――古徽州をめぐるドライブ旅行

古徽州郷村風景一日観光

食事後、“中国水口園林第一村”——唐模国家AAAA級観光スポットへの観光、ここでは“村全体は絵画の中で暮らしているような生活を感じさせる”。その後、“中国風水第一村”——呈坎国家AAAA級観光スポットへの観光、ここでは、“呈坎に入ると,一生坎は無し”と体験させる、呈坎で八卦宴を味わい(昼食);その後、中国明清時代の建筑博物馆——潜口民宅(国家AAAA級観光スポット)へ無料参観に行く、潜口民宅は徽州明清時代の古建筑物が異郷による保護傑作である。最後、謝裕大という茶博物館へ見学し、黄山毛峰という高級茶を無料で味わえ、観光終了となる。

黄山・徽文化二日間の観光

一日目 車で黄山風景区へ行く、ロープウェーで始信峰、北海、西海、光明顶、玉屏楼(迎客松)など観光スポットへ観光する、その後、ロープウェーで下山し徽州区へ向かう。

華商山荘或いは陽光大酒店に宿泊する

二日目 “中国風水第一村”——呈坎国家AAAA級観光スポットへの観光する、その後、“中国田園詩画郷村”——水印唐模(国家AAAA級観光スポット)へ観光する、ここでは
“村全体は絵画の中で暮らしているような生活を感じさせる” 、唐模で農家宴を味わい(昼食);その後、中国明清時代の建筑博物馆——潜口民宅(国家AAAA級観光スポット)へ無料参観に行く、潜口民宅は徽州明清時代の古建筑物が異郷による保護傑作である。最後、謝裕大という茶博物館へ見学し、黄山毛峰という高級茶を無料で味わえ、観光終了となる。

 

黄山風水文化体験二日間の観光

スケジュール:

一日目 車で黄山風景区へ行く、ケーブルカーで始信峰、北海、西海、光明顶、玉屏楼(迎客松)など観光スポットへ観光する、その後、ケーブルカーで下山し徽州区へ向かう。
徽州区に宿泊する

二日目 “中国風水第一村”——呈坎国家AAAA級観光スポットへの観光する、ここでは、“呈坎に入ると,一生坎は無し”と体験させる。その後、“中国水口園林第一村”——唐模(国家AAAA級観光スポット)へ観光する、ここでは“村全体は絵画の中で暮らしているような生活を感じさせる” 、唐模で農家宴を味わい(昼食);その後、中国明清時代の建筑博物馆——潜口民宅(国家AAAA級観光スポット)へ無料参観に行く、潜口民宅は徽州明清時代の古建筑物が異郷による保護傑作である。最後、謝裕大という茶博物館へ見学し、黄山毛峰という高級茶を無料で味わえ、観光終了となる。

 

春のピクニック満載な徽州花見二日間の観光

一日目 午後徽州区に到着後昼食を取ってから“中国風水第一村”——呈坎国家AAAA級観光スポットへの観光する、沿道での金色な立体化絵巻きの菜の花畑を鑑賞する、その後街の中にある黄山毛峰の元祖と言われている――謝裕大という茶博物館で養生茶を味わう、そして、全国工業観光示範スポット――竹芸軒(竹木彫刻)を見学し、記念品を購入する。
徽州区に宿泊する

二日目 全国最大の茶花基地――黄山茶花生態ガーデンを観光する。その後“中国水口園林第一村”——唐模(国家AAAA級観光スポット)へ観光する、昼食後、“皇宫を見るなら北京へ,民宅を見るなら潜口へ”という潜口民宅建筑博物馆(国家AAAA級観光スポット)へ見学し、観光終了となる。

 

夢を追う桃花源――古徽州をめぐるドライブ旅行
徽州は人傑地霊の所で古くから数多くの人材が輩出されている。徽州の山水風物は古風で優雅なことがあり、その中、旧民居が最も特色のある景色スポットである。古徽州は現在安徽の屯渓、歙県、黟県、績溪、休宁など含まれている。春風が舞う頃には青山緑水の間で走らせ、沿道には漂う古代民居と純朴な人情たっぷり味合わせることもでき、まさに桃花源の中にいるような気分になる。もし興味があるならば、この秋から徽州めぐりのドライブ旅行をスタートしませんか。ここで皆様にご注意していただきたいのは下記のご説明
にあるマイレージは一日に関するスケジュールであるため、単にある観光スポットからもう一つの観光スポットへのマイレージではないのである。

路線案内:北京―南京 全長1000キロである。まず京津塘高速道路から今回のドライブ旅行をスタートさせる。一つ目の目的地は南京である。京沪高速に沿って走らせばよいのである。京津塘高速道路の楊村エリアにある出口(料金25元)を出て、38キロメートル進むと京沪高速道路入り口に入り、そこで通行カードをお受け取り、河北高速料金所(40元)を支払い、河北を出て山東高速料金所(225元)に入る、京沪高速の淮阴出口から寧連公路(高速ではない)南京方面へ進み、30元支払い、南京長江大橋を通して南京市内に入る。南京―黄山 全長300キロである。南京市を出発し、馬鞍山行きの高速入り口を見つけ出し、馬鞍山料金所では20元、そうしたら205国道芜湖行きへ入る、道のりは110キロである。宣芜高速を宣城西まで走り、道のり72キロである。国道318号線で南陵行きまで走り、道のり43キロである。南陵で国道205号線径県-浙渓-蔡家橋-湯口行き、道のり149キロである。路上にある標識は基本的に正しいのだが、ある交差点で一つミスがあったかもしれない、その交差点で車をとめて道を尋ねると、みんな黄山行きの道は左を曲がると教えられたが、しかし標識では右曲がりと掲示されてある。標識間違いの可能性もあるし、もしかして両方の道とも黄山に着く可能性もある。全料金は50元である。黄山―宏村 全長92キロである。黄山を観覧した後又黄山の正門から宏村へ出発する。黄山から宏村までいくつかの道が選択できる。まず一つ目の道は湯口南10キロエリアにある儒村から西南方向16キロ走ると宏村に着く。それから二つ目の道は今まで一番よく走る線路でもあるし、黄山景区から休寧まで、それから西へ走り続け漁亭に着き、更に北へ走り宏村に辿る。二番目の道は全て公路で、標識もはっきり付いているが、しかし、一番遠い道でもある、全長92キロである。三番目の道は湯口から南20キロ先のところでは兰田行きの交差点がある。そこを右へ曲がり兰田へ行き、途中小渓(地名)や西递、石山を通り宏村に着く、全長72キロである。

宏村―屯渓―歙県、全長131キロである。この線路では沢山の徽州観光スポットが集まっている。宏村、关麓、南屏、西递、渔梁、許村、花山迷窟、樘越牌坊など観覧した後、夜歙県に泊り込む事もできる。ここでは一つ問題を説明していこう、徽州にある各古鎮の間の交通は特に問題がないし、ほとんどの道路状況は良好で、車も少ない、ここでの運転は一つの贅沢とも言えるが、しかし、ガソリンスタントは都会とは全く違うからだ。基本的にガソリンスタントがない、あるとしても90#以上のガソリンは基本的においていないので、皆さん黟県、歙県、屯溪にいる時に、満タンにして下さい。歙県-慶源-理坑、全長い101キロである。慶源行きは主に二つの路線がある。一つは景德鎮で、もう一つは屯渓である。屯渓からの道はほとんどアスファルト道路で、道路状況も良好である。帰りは景德鎮から高速で九江―合肥―北京といった路線である。

ポイント景色: 黟県 黟県は黄山かつて黟山と名づけたことを因んで有名になったという。境内連綿たる峰峰は黄山と一体化となった。山々に隔てられるので、歴史上において歴代に戦乱を免れ、今日に至る“世外桃源”という理想的な生態環境を作り上げたのである。黟県は徽文化の重要な発祥地の一つでもある。3600棟旧民居はきれいな生きた化石のように完全保存され、聳え立つ山々に散りばめている。その中では、、黟県の西递、宏村は、中国皖南古村村落の典型的な代表として、ユネスコの世界文化遺産名録に登録され、古徽州旅においては行かざる得ないところでも言えよう。“桃花源の人家”とも称えられる西递村は先祖代々血縁関係を紐帯した胡姓族の方が住み続いている。224棟明清時代にできた旧民居は今でも保存され、その中124棟は完璧に保存されてあることはたいへん稀なことでもある。西递村は船形で布局され、水のある傍らで村落の家が一軒一軒きれいに並んで建築されていた。村の三本の渓流が東から西へ流れる、西川八景はこのように優雅で静謐な雰囲気が漂っている。最も人々に憧れるのがその素朴な民風とそこに住む人々の落ちついた雰囲気と日の出と共に働き出し、日の入りに合わせて休むといった生活環境である。清貧の生活を送っているが田園牧歌のような暮らしで満たされる毎日だった。今日でも旧民居建築の門の額などには所々“桃花源の人家”といった文字が見えるものだ。長年繁華な都市で生活し、明日のために一生懸命働き果てていた我々にとってはまるで仙境のような暮らしであろう。
宏村は140棟あまりの明清時代にできた旧民居が完全に保存されている。宏村古村落のデザインは独創性があり、全体の村落が牛の形で、人工水溝圳は門前を通ったり部屋を貫いたりして、家々を流れ、“牛の腸”のようである。村の半月塘は曲がっている月のように、水が一年中にゆらゆらで、“牛の胃”のようである。村の南の南湖は一年中にシルクのように平らで鏡のように清らかで、“牛の腹”のようである。このような大きな村落は“牛の身”で、村の後ろの雷崗山は“牛の頭”で、村の前の二株の大樹は“牛の角”で、村の渓流を跨った四つの橋は“牛の足”で、全ての村落はのんびりしている青牛のように山前の溪边に横たわるようである。そこから天人一体という中国の道教思想がうまく表されたものである。村の中にある承志堂は“民间の小故宫”と称される。黟県ではそれ以外の観光スポットが多数存在している。例えば: 木坑竹海、塔川村、卢村木雕楼、南屏村、关麓八家、浔阳台、桃源洞など、たいへん行く価値のあるスポットでもある。

歙県は中国第一古州府と言われている。古徽州府の所在地である。徽文化の発展史上においてはたいへん重要な存在である。現在歙県に残っている旧遺跡は19箇所で、古墓葬13箇所、旧建築物385箇所である。明清時代にできた祠堂、牌坊などの徽派の代表とされる数々の建築物や、悠々たる古韻を溢れる老街と石でできたダムや、隔世のような徽劇や、それと幽かに香り漂う徽墨と歙砚など、それら全て人々を魅了する力があると感じる。県内には大変有名である石坊と東・南それぞれ2基の谯楼もあり、更に全国最大である7基の牌坊群が“忠、孝、節、義”を順序にくねくねと棠樾村に聳え立っている。歙県の城南の渔梁古鎮には現在では珍しいとされる越流ダム――漁梁堰があり、城東には許村の高陽橋と山水建築の手本とされる大观亭がある。そして、雄村の竹山書院では徽商の崇書重儒という思想が完全に表されている、更に北岸村にある廊橋も徽派の廊橋建築の中で大変優れた作品でもある。

屯渓 屯渓老街は屯渓中心地に位置する。全長832メートル、広さ5~8メートル、目前中国では保存が最も保全で、宋、明、清時代の建築スタイルを持つ歩行商業街である。建築物は徽州伝統的な建築スタイルを継承し続けている。更に合理的な布局で徽派の建築物の特色を一層引き立てたのである。程氏三宅は黄山市屯溪区柏树路東里巷7号、8号と29号に位置する。明代民居の代表作とも言われている。

績渓 徽料理、徽墨、徽劇の発祥地である績渓では龍川胡氏宗祠と奕世尚書石牌坊などからここにある長い歴史を世に知らされる。“徽文化活化石”と称される湖村门楼巷には、生き生きと描いていたレンガや木、そして石徽派の三彫芸術も嵌め込まれている。績渓では1500年も及ぶ桑業もある。それ以外にも清代製墨家の四人うち績渓出身の方はその中の半分を占めていた。全国八大料理の一つである安徽料理の発祥地である績渓では世界に名を馳せた文学大家胡適を因んで作られた“一品鍋”を味わえる。徽州の“徽”と安徽の“徽”はかつて乾隆皇帝から直接命名を頂いたことや王安石から詩で称えられた徽岭はその起源とされる。

 
 
Copyright © 2013-2014 www.guhuizhouta.com All rights reserved. サイト登録:皖ICP备13013364号