古徽州文化観光区は徽文化の発祥地である安徽省黄山市に属する。徽州古城、牌坊群鲍家花园、唐模、潜口民宅、呈坎五つの最高観光エリアによって形成されている。北には黄山、南には千島湖と隣接している。...【詳細
 
 
プライベート旅行 交通アクセス ドライブ旅行 観光ガイド
観光地図 お食事 ホテル宿泊 チケット予約
 
  観光概況
 
潜口民宅の紹介

       潜口民宅は安徽省黄山市徽州区潜口鎮紫霞山の麓に位置している。明の時代に建てられた民居建築群と清の時代に建てられた民居建築群によって形成されたものである。明の時代に建てられた民居建築群は即ち“明園”で、清の時代に建てられた民居建築群は即ち“清園”と呼ばれる。それぞれ1990年と2007年に建設され営業したとのことである。
       “丸ごと引越、集中保護”の原則に基づき、潜口民宅は民間に分散していたもの且つ当地保護不可能な明清時代の建築物を集中保護といった形で保護したものである。民居、祠堂、牌坊、劇舞台、亭台、拱橋など24箇所にも明清時代を代表するような典型的な建築物が立ち並んでいる。潜口民宅は我が国明清時代に建てられた民間建物の専門書とも言われている、古い建築史及び建築学を研究する際に大変貴重な実例でもある。
       潜口民宅は1988年1月に国務院により全国重要文物保護単位と公布され、2007年8月に国家AAAA級観光スポットと選ばれた。

 

 
 
Copyright © 2013-2014 www.guhuizhouta.com All rights reserved. サイト登録:皖ICP备13013364号