古徽州文化観光区は徽文化の発祥地である安徽省黄山市に属する。徽州古城、牌坊群鲍家花园、唐模、潜口民宅、呈坎五つの最高観光エリアによって形成されている。北には黄山、南には千島湖と隣接している。...【詳細
 
 
プライベート旅行 交通アクセス ドライブ旅行 観光ガイド
観光地図 お食事 ホテル宿泊 チケット予約
 
  観光概況
 
牌坊群•鲍家花園の紹介

    観光スポットは歙県棠樾村内にある。古城からは10キロの距離で、市役所の所在地屯溪からは27キロの距離になる。

    ここには宋元時代から明清にかけて約八百年余りに続いていた古村落棠樾村がある。 高く聳え立つ七基の牌坊(石で造られた鳥居のこと)や威厳のある男祠や一基しかないエレガントな女祠や鲍氏の子孫にあたる孝子の名諱と孝行行跡などが刻まれた孝祠及び数多くの宗法、公益、文会、書院、義倉など大変記念性のある建物が多く存在する。

    牌坊群の隣に位置しているのは鲍家ガーデンである、歴史を前提背景にし徽商宅の園林を作り出された。徽派盆栽をテーマにして海内外の盆栽流派の精華を集め、各方からの貴重な花草藤木を収め、亭台楼閣、小橋流水を一体に融合し、現在、中国では最も大きい、最も綺麗な、最も特色な徽商貴族荘園である。鲍家ガーデンは2005年国家観光局に国家AAAA級観光スポットに選ばれ、黄山市の“ベスト10”観光スポットにも選ばれた。古牌坊、古祠堂、古民居即ち“徽州古建築の三绝”を一体化にし、完璧な徽商故郷図にもなっている。

 

 
 
Copyright © 2013-2014 www.guhuizhouta.com All rights reserved. サイト登録:皖ICP备13013364号