古徽州文化観光区は徽文化の発祥地である安徽省黄山市に属する。徽州古城、牌坊群鲍家花园、唐模、潜口民宅、呈坎五つの最高観光エリアによって形成されている。北には黄山、南には千島湖と隣接している。...【詳細
 
 
プライベート旅行 交通アクセス ドライブ旅行 観光ガイド
観光地図 お食事 ホテル宿泊 チケット予約
 
  観光概況
 
黄山古徽州文化観光区紹介

 

        古徽州文化観光区は徽文化の発祥地である安徽省黄山市に属する。徽州古城、牌坊群鲍家花园、唐模、潜口民宅、呈坎五つの最高観光エリアによって形成されている。北には黄山、南には千島湖と隣接している。徽州古城は徽州府の所在地で、よく保存できた中国四大古城の一つと言われている。棠樾牌坊群は中国最大の鳥居群落である、明代と清代 にわたって7基並んで建てられており、とても壮観的である。唐模は中国水口庭園の第一村と称えられる。優雅かつユニークな庭園風景とフランス式でロマンティックな情調が徽州古村とぴったりとはまり込んでいる。呈坎は中国の風水第一村と称され、ここでは自然な山と水が一体化になり、《易经》の八卦風水理論に基づいて場所選びや布局されたという。即ち天地を循環し、万物を組成する際に互いに相生しながら、互いに相克の相関関係にあるという先哲理論がここにあるとも言えよう。潜口民宅は我が国明清時代に建てられた民間建物の専門書とも言われている。まさに明清時代に建てられた徽派建築の集大成でもあり、徽州民居を最も代表できる中の一つでもある。民居の中に入ってみるとまるで500年前の古徽州に連れ戻されたような実感になる。古徽州文化観光区はこのような古城生活、宗祠文化、牌坊文化、徽商文化、村落文化、民居文化などを通して、中華三大地域文化の一つと称されている“徽文化”をありのままの姿で世に知らせていく。

 

 
 
Copyright © 2013-2014 www.guhuizhouta.com All rights reserved. サイト登録:皖ICP备13013364号