古徽州文化観光区は徽文化の発祥地である安徽省黄山市に属する。徽州古城、牌坊群鲍家花园、唐模、潜口民宅、呈坎五つの最高観光エリアによって形成されている。北には黄山、南には千島湖と隣接している。...【詳細
 
 
プライベート旅行 交通アクセス ドライブ旅行 観光ガイド
観光地図 お食事 ホテル宿泊 チケット予約
 
  観光概況
 
呈坎の紹介

呈坎は世界自然及び文化遺産である黄山の南麓に位置するところである(北緯29°55′、東経118°15′;徽州区から黄山高速佛子岭エリア行き東北5キロのところに位置する)。北からは黄山40キロ、南からは徽州区区役所所在地岩寺鎮15キロである。呈坎は青山と竹林の中に囲まれ、見事な自然環境と人文景色がベストマッチされ、必見なスポットでもある。中国の風水第一村--呈坎八卦村(国家AAAA級観光スポット)は世界でも最も保存できている最古且つ最も神秘的な東漢八卦村である。更に、“この世の天国と称される”水墨画の郷村……中国風水第一村とも呼ばれている。ここでは、既に新石器時代には人類の足跡が残っていた、更に西周時期に華々しい青銅文化もここに存在したとの証もあった。三国時代以前は山越人が居住し始め、農耕火種を持ち込み、世に隔離した生活を送っていた、東漢三国時代東呉の孫権が諸葛亮の兄である諸葛瑾、吕蒙を率いて山越人を征服しようとした、万山に囲まれ、四面には八座の大山が矗立していて、真ん中には一平方キロの窪地もあって、まさに“山形交錯,水色清澄,人情充実,伦理端厳。”“畑があって耕作でき、水があって漁業でき、祖脈は黄山にあり、五星はまさに縦横に天を駆け廻る,万世においても引っ越さなくてもよい”と思っている。そして河流が北から南へ流れていく様はまるで巨龍のように村を通りぬいていて、更に村では多数の渓流も流れていて、まさに“九龍遊珠”のようであった、自然にできた見事な八卦図となった。目の前に現れた景色を見てこのような風水宝地にめったにないと考え、ここに定住し始めたという。更に、村全体が自然にできた八卦形にそって施され、同時に“龍渓”と名づけられた。

水口全景

      唐代末期羅氏祖先文昌公、秋隠公らは黄巣の乱を逃れるため、子孫を連れて江西の南昌からここに着いた時、万物中和で風水もよいことからここに居住しようと決心した。羅氏一家の系譜によると羅氏兄弟は易经や八卦风水の理论に通じるため、龍渓を呈坎に改名したという。道路の凸の部分は“呈”,凹の部分は“坎”である。呈坎村は《易経》の“陰(坎)陽(呈)二气統一、天人合一”という八卦理論に基づき所を決め分布したのである。呈坎は蔵風集気で四つ渓流も村に流れ込み、まさに聚水聚財、陰陽調和、山に寄り添い川に臨んでいるとのこと。三つの街と九十九の巷が重なり合って、まるで迷宮のようである。昔から呈坎は入られるところであるが、出られない神秘、神聖、神奇且つ秀麗なところである。
民間に伝えられた俗語には、“十人中九人は呈坎の道に迷い、呈坎に残る人は必ず富を手に入る”というものがある。宋の時代に理学家の朱熹に“呈坎双賢里,江南第一村(呈坎には二つの賢里があり、江南の第一村である)”と称えられた。呈坎は現在でも1800年前東漢時期に建村された当時の八卦風水布局と建築町並み、村落風水文化など完全に保存されてある。更に東漢、唐、宋、元、明、清各歴史時代にある建築も保存され、遺跡からは180余り品数が出土され、一部出土した新石器と青铜器は国家重点文物にもなった。

 

水口荷花

 


 
呈坎村は現在国家級重点保護文物49箇所。“一つの村に二つの国宝が存在する”、 呈坎村で命の奥深さを探検してみると、未来を悟らせ神秘地帯に入る。さあ、呈坎にきて、神秘な文化を感じ取りましょう。……“黄山に登ると天下は無山であり、呈坎を観覧すると一生坎はなし”平安は呈坎から始まり……

 
 
Copyright © 2013-2014 www.guhuizhouta.com All rights reserved. サイト登録:皖ICP备13013364号